豊かさと幸せを呼ぶおしゃれな住まいづくりのパートナー

with

住宅購入について

住宅の購入を考えた時、最初に住宅展示場やモデルルーム・不動産会社などに行くと
営業マンのペースに乗せられてしまって、あわてて購入してしまう可能性があります。
納得して住まいを手に入れるため住宅購入について、あらかじめ良く考えておきましょう。


1.住宅購入の前に住宅購入について家族で考えてみましょう。
2.賃貸と購入の違いは?
3.住宅購入によってどんな効果・影響があるでしょうか?

1.住宅購入について家族で考えてみましょう

 なぜ、マイホームを購入したいのか?aDSC_6550_001.jpg
 マイホームでどんな暮らしがしたいか?
 これだけは譲れないという希望条件は?
 (部屋の広さ・キッチン・お風呂・子供部屋・寝室etc)


希望条件を書き出してみましょう。
希望内容と優先順位を整理します。
あわせて、教育資金・老後資金・生活費なども検討します

住宅購入ノートを作ってみましょう。

自分がどのような暮らしをしているかのイメージしてみるとよいでしょう。
予算や条件に合う物件をしっかり探すことが大切です。



2.賃貸と購入の違いは?

賃貸でも持ち家でも住むということに変わりはありません。

でもあえて住宅を購入する理由
住宅を購入することは賃貸に比べてどのような点があるのかを考えてみたいと思います。

家を購入すれば、
自由に使用すること(住む、物を置くなど)
自由に収益を上げる(貸す・商売をするなど)
自由に処分(売却・取り壊すなど)
ができます。

しかし賃貸ではどれも勝手にはできません。
例えは楽器の使用やペットの飼育など一定の行為を所有者が制限する可能性があります。
また、借りている空間を貸すことや、売却などできません。
これが購入と賃貸の大きな違いです。

3.住宅購入によって実際どんな効果・影響があるでしょうか?

 建て替え、リフォームなどができる
 庭や駐車場などを作ることができる
 自由に利用できる。 人に貸したりすることも可能
 固定資産税などの支払い義務がある
 地震や火災などによる損害対策をしなければならない
 資産価値の変動リスクがある
 自由に売却できる結果利益や損害を受ける可能性がある
 など

住宅購入すれば住宅を自由に使えるけど所有に伴う責任も持つことになります。

住宅購入の際には、中立的な立場でトータルに気軽に相談できるところがあれば、安心です。

 ◆ 自分に合ったすまいを手に入れて、自分らしく暮らしましょう。