豊かさと幸せを呼ぶおしゃれな住まいづくりのパートナー

with

HOME > 住まいのお役立ち情報 > リフォーム

リフォームで暮らしやすく価値の高い住まいに

住まいの価値を維持するためには定期的な維持管理が必要です。
メンテナンスを含めてリフォームをすることで自分らしい住まいを手に入れることができます。

リフォームでは、キッチンや浴室などの古くなった設備や水回りの交換などを含めて、DSC_0393.JPG
自分の好きなように住まいを替えていくことが可能です。

壁のクロスやクッションフロアーを替えるだけでもイメージが大きく変わります。

リフォームでは自分の予算や希望を充分考慮して専門家に依頼すれば
自分の生活にあわせた住まいをつくることができます。

外壁や屋根の塗り替えなどは、10年に1度くらいの頻度で実施すると耐久性が向上します。
メンテナンスを含めてリフォームをすることで自分らしい住まいを手に入れ、長く快適に住むことができます。

リフォームの進め方

image51.gif
image13.gif
image61.gif
image13.gif
image9.gif
image13.gif
image81.gif
image13.gif
image71.gif

1.現状確認

建物の状態の確認をします。
建物の図面や修理や検査の履歴は建物の状態の把握に役立ちます。
内部の確認は専門機関にチェックを依頼すれば安心です。

2.リフォームが必要かどうか検討

住宅は築年数やその構造により耐久性に違いが出ます。また、住む人の事情によってもリフォームの必要性は多様です。
これからどのような生活をして行きたいか・予算はいくら・どうしても必要なもはどれか・優先順位をつけて考えましょう。

3.見積もり依頼

リフォームをすると決めた、リフォーム会社に相談してみましょう。
リフォームは工事の内容によって大きく予算や仕上がりが違ってきますので、きちんと打ち合わせをすることが大切です。いくつかの会社に相談してみてもいいかもしれません。
見積もりができたら、内容を確認してください。
見積もりの内容について分からないところは質問をしてみてください。お客様の立場に立って良いものを作ろうと考えている会社はしっかり説明をしてくれるはずです。

4.工事

見積もりと工事内容が確認できたら、工事契約を結びます。
工事業者は近隣に挨拶をし、契約に基づいて工事を進めます

5.完成

工事内容が契約通りできているかを確認して、もし不具合があれば手直しをしてもらいます。
工事が完了して引き渡しとなります。

リフォームは現状や工事内容によって価格や大きな差が出てきます。
しっかり内容を確認しましょう

見積もりや内容についてのご相談は図面・見積もりチェック

見積もり・間取り図などの内容チェック&説明いたします。