豊かさと幸せを呼ぶおしゃれな住まいづくりのパートナー

with

キッチン

キッチン

1.バリエーション

キッチンにはいろいろなバリエーションがあります。DSC_0076.JPG
I型 L型 Ⅱ型 アイランド型 U型など。

コンパクトにまとめるなら I 型、小さなお子様がいらっしゃるご家庭には対面キッチンが人気です。
家族と一緒に料理をするならアイランドキッチンがお勧めです。

部屋の広さや間取りによって決まることも多いですが、シンクの大きさやつり戸棚の高さ、収納の大きさなどは選べることもできますので、使い勝手などをよく考えてキッチンを選びましょう。ご家族のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。


2.レイアウト

キッチンは動線を考えてレイアウトすると使いやすくなります。

「動線」とは、人が作業するために動く経路のことを言います。
動きが交差したりスムーズな動きができないような場合は無駄な動線が多いとといえるでしょう。理想的な動線は短い距離で無駄なくスムーズに作業できます。
キッチンのでは動線を十分考慮することにより、調理や後片付けにかかる負担も軽減されます。


3.キッチンのワークトライアングル

「シンク」と「加熱調理器」と「冷蔵庫」の三点をつなぐ三角形(トライアングル)がどのような位置になっているかで動線や作業効率が変わってきます。

triangle.png

食品を出して洗って切って調理するには、
特にシンク、加熱調理器、冷蔵庫を結ぶ三角形の「辺の長さ」が重要なポイントとなります。

「シンク・加熱調理器」間の辺の長さは120~180cm、
「シンク・冷蔵庫」間の長さは120~210cm、
「冷蔵庫・加熱調理器」間の長さは120~270cm

そして、ワークトライアングルの三辺の合計が360~660cmになっている状態が理想的とされています。

キッチンには調理をしたり食器を出して盛り付けるには調理スペース
食器をしまう食器棚や調理道具、食品を収納するペース
家族そろって調理するならそのためのスペースが必要です。

本格的に魚などをさばきたい、みんなでキッチンでワイワイ作って食べたい、
見せるキッチンにしたい、使わないときは何も出ていないようにすべて収納したいなど、
キッチンに対する思いはいろいろです。

いろいろなキッチンメーカーでは使い勝手機能に工夫を凝らしたキッチンを提案しています。
ご自身の生活に合わせてキッチンを選んでみてはいかがでしょう。

キッチンの部材について

カウンター材

カウンターの素材にはステンレス・大理石・人工大理石・メラミン樹脂・タイル張りなどがあります。
ステンレスは熱に強くエンボス加工のものなどは、メンテナンスも簡単です。価格もお手頃です。
大理石は天然素材を使っており、色やデザインがたくさんあり高級感があります。

加熱調理器具

image25.jpg
ガスIHともにガラストップのレンジは吹きこぼれても掃除がしやすく便利です。
IHは直接火を使わないので、洋服などに火が燃え移る危険性は少ないなど、安全であるといえます。

食器洗い機

image34.jpg
省エネタイプが出てきていて、手洗いよりも水が少なくて済むというデータがあります。
高級なクリスタルガラスや漆器などは洗えませんが、手洗いよりも高温で洗えることから衛生的であるといえます。
また、タイマーなどを使えば食事後にゆったりとした時間をすごすことができます。